讃(たた)えよ、ミューズの女神を

LOB DER EDLEN MUSIKA

楽譜 MIDI
 
訳詩 吉田成志
作曲ドイツ民謡
(1840年作)
1 むかし、音楽家、ナイル川で
オーテンポラ、オーモーレス
大きなワニと、出くわしたよ
オーテンポラ、オーモーレス
噛み付いてきた、救い給え
ユッハイラッサッサ、オーテンポ、テンポラ
讃(たた)えよ、ミューズの女神を
Ein lust’ger Musikante marschierte am Nil,
O tempora, o mores
Da kroch aus dem Wasser ein großer Krokodil
O tempora, o mores
der wollt’ ihn gar verschlucken,
wer weiß, wie das geschah.
Juchhaeirassasa, o tempotempora!
Gelobet seist du jederzeit, Frau Musika!
2 そこで、音楽家、ヴァイオリンを
オーテンポラ、オーモーレス
すぐ取り出して、弾き始めた
オーテンポラ、オーモーレス
ワルツの調べ、救い給え
ユッハイラッサッサ、オーテンポ、テンポラ
讃(たた)えよ、ミューズの女神を
Da nahm der Musikante seine alte Geigen,
O tempora, o mores
und tät mit seinem Bogen fein darüber streichen.
O tempora, o mores
Allegro, dolce, presto,
wer weiß, wie das geschah.
Juchhaeirassasa, o tempotempora!
Gelobet seist du jederzeit, Frau Musika!
3 リズムに会わせ、ナイルワニは
オーテンポラ、オーモーレス
王家の谷を、踊り歩く
オーテンポラ、オーモーレス
ポルカの調べ、救い給え
ユッハイラッサッサ、オーテンポ、テンポラ
讃(たた)えよ、ミューズの女神を
Und wie der Musikante den ersten Streich getan,
O tempora, o mores
da fing der Krokodil zu tanzen an,
O tempora, o mores
Menuett, Gallop und Walzer,
wer weiß, wie das geschah.
Juchhaeirassasa, o tempotempora!
Gelobet seist du jederzeit, Frau Musika!
4 踊り疲れた、ナイルワニは
オーテンポラ、オーモーレス
スフィンクスに、食べられたよ
オーテンポラ、オーモーレス
ミューズの女神、救い給え
ユッハイラッサッサ、オーテンポ、テンポラ
讃(たた)えよ、ミューズの女神を
Und als die Pyramiden das Teufelsvieh erschlag’n,
O tempora, o mores
da ging er in ein Wirtshaus und sorgt für seinen Mag’n.
O tempora, o mores
Tokayerwein, Burgunder,
wer weiß, wie das geschah.
Juchhaeirassasa, o tempotempora!
Gelobet seist du jederzeit, Frau Musika!
トップページ